スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSSフィード twitter Google Bookmarks スポンサーサイトをはてなブックマークに登録 はてなブックマーク
タグ /

サイト配色を決めるときのポイント

サイトやロゴなどの配色を決める時、結構迷ってしまうものです。ここでは誰でも簡単にアイデアが湧いてくる方法をご紹介します。

サイトの配色

配色は雰囲気をガラっと変てしまうので、そのサイトに合ったものを選ぶ必要があります。

私がいつもやっている方法は、メインカラーを一つ決めてから、その他の色を決めるというやり方です。一つ決まっていると、残りの色は比較的楽に決められるからです。

他の色は、次のようなサイトでその色に合う色をチョイスすると便利でしょう。相性の良い配色を自動的にはじき出してくれます。

kuler

サイトの配色

ただ、メインカラーはもとより雰囲気すら湧いてこないという方は、配色サイトを見てもイメージが湧かないかもしれません。そんな方には、次の方法をお勧めします。

書店は、配色事例の宝庫

それは「書店に行く」方法です。

書店は、まさにWebサイト向け配色ネタの宝庫です。本の中には、見事な配色の装丁(表紙)もあるので、それをそのまま参考にさせてもらうというわけです。

ピンと来る表紙があれば、本のタイトルかISBNコードをメモしておきましょう。ちなみに、書店ではなくアマゾンなどで調べるという手もありますが、情報を一覧化できないので偏りが出るのが難点です。やはり書店の方が良いでしょう。

メモしたタイトルは、ネット検索します。グーグルかアマゾンでお目当ての書籍を呼び出して、表紙の画像をひとまず保存、またはサイト丸ごとキャプチャ([Print Screen]キー)します。

サイトの配色

仕上げは、フォトショップやGIMPなどの画像編集ソフトのスポイト機能でカラーコードを割り出せばOKです。

それが面倒だなという場合は、「Color of Book」というサイトが超便利です。

サイトの配色

本や雑誌のカラーコードを割り出してくれるサイトなのですが、こんな感じで事細かく出してくれます。

サイトの配色

GIMPで画像作成する方法

関連記事

RSSフィード twitter Google Bookmarks サイト配色を決めるときのポイントをはてなブックマークに登録 はてなブックマーク
タグ / デザイン
コメント一覧
コメントを残す


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

人気記事

スポンサードリンク

新着記事

プロフィール

日刊ウェブログ式を運営するナカタと申します。まだ開設して日も浅い拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします。

リンク

LOOMICDESIGN

タグクラウド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。